×

CATEGORY

日本刀と模造刀について

当社は刃物のまちとして知られる岐阜県関市にて、刃物の製造・販売を行っております。
こちらでは、当社で取り扱っている模造刀について紹介していきます。

日本刀について

日本では、古墳時代よりも前に刀剣類の製作が行われており、平安時代末期には一般的にイメージされる片刃で反りのある日本刀が登場しています。
「日本刀」という言葉は日本でもよく耳にすると思いますが、もともと「日本刀」という言葉は日本国外からみた名称で、日本では「刀」「剣」などと表現します。
模造刀や木刀などの刀を模して造られたものもあり、それらと区別するために「真剣」と表現されることもあります。
本来日本刀は武器の役割がありますが、日本刀の美しさに多くの人は惹きつけられ、当時の中国の商人が日本刀を買い付けに来るほど、古来より日本刀の美しさは賞されています。

日本刀の美しさ

日本刀の美しさは、実用性から生まれた無駄の無い直線と曲線で構成された美しい造形美です。
和鉄の鋼を繰り返し鍛錬し、軟鋼の胴の組み合わせが内部構造の特徴になります。
外観としては、なんと言っても刃紋が特徴的です。
「関・孫六」の「三本杉」に代表される特徴的なものが多く見られ、刀匠による違いが表現されています。
また鍛錬によって生まれる樹木のような美しい模様(肌目)も魅力の一つです。
武器の所持が認められていない現代日本において、高い美術的価値が認められているからこそ、登録制で日本刀の所持が認められているのです。

模造刀と居合刀

武器としての機能を有する、つまり本当に切れる刀を「真剣」と呼びます。
現代日本においては、美術品として、或いは居合い練習用として使用されるのが主な用途になります。
それ以外にも「真剣」を模したものとして「模造刀」があります。
安全性を重視しており、刃が付かない材料を使用しているのが特徴で、登録の必要なく所持することができます。
居合い練習での素振りなどに使用できる「居合練習刀」と観賞用の「美術刀剣」に大別されます。
居合練習刀と美術刀剣は用途が異なるので、使用材料や仕組み方など、特に強度面の違いがあります。
必ず正しい用途のものをお選びください。

当社では、 美術刀剣、復刻名刀、居合練習刀などの模造刀を販売しています。
日本古来武器として使われ、武士の精神が脈々と受け継がれてきた日本刀は、現在も多くの人を魅了し続けています。
模造刀をお求めの方は、是非当社をご利用ください。

ご購入一回につき
5,400円(税込)以上
お買い上げで
送料無料!!

販売に関して

ナイフ・包丁等の刃物類に関しまして18歳未満のお客様には販売致しておりません。
ご注文の際は、必ず生年月日をご入力くださいますようご協力お願いします。

CATEGORY

INFORMATION

MENU