×

CATEGORY

美術刀の価値を高める刀装具

日本刀は、歴史的に実用的な武器として使用されてきた他、その美しさから美術刀としても多くの人の目を楽しませてきました。
美術品としての価値が高い美術刀剣は、復刻名刀として今に再現されています。
こちらでは、そのような刀をより輝かせてくれる刀装具についてご紹介いたします。

拵(こしらえ)

刀装は、刀を携帯・着用しやすくするためのオプションですが、拵(こしらえ)というのは様々な刀装の形式のことです。
太刀拵、打刀拵、大小拵、小脇差拵など、いくつかの種類があります。
ただし、時代・種類によって差異があり、呼び名が変わることもあります。

鍔(つば)

鍔(つば)は、切り合いになった時に刃先を滑ってきた相手の刀から自分の手を守る防具です。
時代小説などでは、「敵の刃を鍔で受け止めた」と言う表現がよく使用されています。
装飾が凝ったものも多く、日本刀を価値の高い美術刀たらしめているパーツの1つです。

柄(つか)

(つか)は、刀を握る部分です。近世以降の武士が帯刀するような刀は、白鮫皮で包んだ朴木を菱糸巻と呼ばれる巻き方で巻いていくのが一般的な刀装でした。
模造刀や居合練習刀の柄部分を見ると、ひし形の模様に糸が巻かれています。
しかし、公家が儀礼用で使用する美術刀は菱糸巻をしません。
古くは、柄の部分に犀角(さいの角)や紫檀が使われることもあったそうです。

鞘(さや)

鞘は、刀身を納めておくためのものです。
居合では抜き身の速さが求められるため、練習刀でも重要なパーツになります。
古くは牛革や竹が用いられていましたが、美術刀として価値の高いものには名のある職人が漆塗りの装飾を施しているものもあります。
儀礼用のものになると、螺鈿や蒔絵が施されているものもあって、より華やかです。

はばき

はばきとは、刀身に装着されている金具のことです。
刀が鞘から抜けないようにする目的でつけられるもので、「鞘走留(さやばしりどめ)」とも呼ばれています。
元々鉄が多く使われていましたが、時代を経るにつれて銅・銀・金などの美術刀らしい華美なものも増えていきました。

ご購入一回につき
5,400円(税込)以上
お買い上げで
送料無料!!

販売に関して

ナイフ・包丁等の刃物類に関しまして18歳未満のお客様には販売致しておりません。
ご注文の際は、必ず生年月日をご入力くださいますようご協力お願いします。

CATEGORY

INFORMATION

MENU